北千住駅から徒歩3分、駅近の歯医者 北千住すずらん歯科|歯科口腔外科

足立区千住1丁目30−3 カノン千住2F

03-6812-0527

Dental surgery

歯科口腔外科

お口まわり・顎・舌などのトラブル、
専門医が診察いたします

お口の中のお悩みは、むし歯や歯周病に限ったことだけではありません。口腔外科では、身近な口内炎の症状から、でき物、親知らず、顎関節症まで幅広く診察しております。当院は歯科口腔外科の専門医が在籍しており、チーム医療を実践しています。いつもと違う症状があるなと思われたら、お早目にお越しください。

お口まわり・顎・舌などのトラブル、専門医が診察いたします

親知らず

みなさんご存知のとおり、親知らずは「大人になってから生えてくる歯」として有名です。抜歯が必要というイメージがありますが、まっすぐ生えているのであれば問題ありません。スペースの関係で斜めや横に生えてしまったり、 歯ぐきが被っていたりすると炎症が起きて痛みが生じる場合があります。症状がいったん治まっても、繰り返すことがあるので、その時には抜歯を検討します。当院では歯科用CTで神経や血管などの位置を把握してから、丁寧に処置をいたします。
みなさんご存知のとおり、親知らずは「大人になってから生えてくる歯」として有名です。抜歯が必要というイメージがありますが、まっすぐ生えているのであれば問題ありません。スペースの関係で斜めや横に生えてしまったり、 歯ぐきが被っていたりすると炎症が起きて痛みが生じる場合があります。症状がいったん治まっても、繰り返すことがあるので、その時には抜歯を検討します。当院では歯科用CTで神経や血管などの位置を把握してから、丁寧に処置をいたします。

親知らずのタイプ

01. 正常に生えているタイプ

01. 正常に生えているタイプ

親知らずが口腔内に完全露出し、他の歯と同じように機能している状態です。目立ったトラブルがない限りは抜歯の必要はありません。
02.埋没タイプ

02.埋没タイプ

親知らずが歯ぐきに埋もれてしまっているタイプで、歯並びの乱れや顎関節症の原因となる場合があります。口腔内に露出していないため、むし歯や歯周病の心配はありません。他の歯に影響がない限りは抜歯の必要はありません。
03.傾斜タイプ

03.傾斜タイプ

親知らずが一部分だけが露出している状態です。歯と歯の隙間に歯垢や汚れが溜まりやすく、炎症が起きたり、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。第二大臼歯を圧迫するような生え方をしている場合は、抜歯になる可能性が高くなります。
親知らずは早期発見・早期治療がおすすめです。早い段階での治療は、お身体への負担を軽くし、その後のお口の健康を守ることにつながります。痛みがない場合てもそのままにせず、一度親知らずの状態を見せにいらしてください。
親知らずは早期発見・早期治療がおすすめです。早い段階での治療は、お身体への負担を軽くし、その後のお口の健康を守ることにつながります。痛みがない場合てもそのままにせず、一度親知らずの状態を見せにいらしてください。

顎関節症

顎が痛い・口が開けにくい・顎の関節から音が鳴るなどの症状はありませんか?他に原因が思い当たらない場合、顎関節症の可能性があります。顎関節症は咀嚼に関わる筋肉の病気です。上記の症状が当てはまる方や、何かおかしいなと思われる方は、一度ご相談にいらしてください。

顎関節症

こんな症状はありませんか?

顎関節症の治療法

1. 運動療法
  • 大開口練習(大きく口を開けて、顎の筋肉をほぐす運動)
  • 円板整位運動療法(ずれた関節内組織を元に戻す運動)
  • 下顎頭可動化訓練(顎関節の動きをよくする運動)
2. 薬物療法
急性期で痛みが強いときは、鎮痛薬を使用します。
3. スプリント療法
就寝中、スプリントと呼ばれるマウスピースを装着し、噛み合わせ安定化させます。歯ぎしりや食いしばりなどによる組織への負担を軽減し、症状を改善させる狙いがあります。

その他の治療

事故や転倒による外傷

思わぬ事故や転倒などで、お口の中や外に外傷を負ってしまった時は口腔外科にお越しください。歯が折れた・顎や頬の骨折の疑いがあるなどの場合は受傷後なるべく早い診察をおすすめします。

事故や転倒による外傷

口腔内の腫れやできもの

お口の中が腫れている、水ぶくれができた、できものができた、粘膜の変色が気になるなど、小さな異変が起きたら早めの受診をおすすめします。口腔がんの発見にもつながる場合もあります。

口腔内の腫れやできもの
ネット予約
TEL 03-6812-0527